借金が嵩んだ理由と解決法

カードローンの借金を債務整理した

学生の頃は家庭の事情でアルバイトをすることが出来ず、趣味を楽しむことがかなり制限されていました。社会人になってから一人暮らしを始めたことで給与をそのまま自分のために使うことが出来るようになり、ついつい学生時代に出来なかったことを思う存分楽しんでしまったのです。すると当然のようにお金が足りなくなってカードローンで借金をするようになり、いつの間にか200万円の負債を背負っていました。

到底返済できる見込みがないため悩みに悩んでいたところ、債務整理をすれば借金が軽くなると聞いて司法書士に手続きを依頼しました。債務整理にはいくつかの種類がありましたが、私は個人再生を選びました。完全に借金がなくなるわけではないものの負担はかなり小さくなり、毎月の給与から少しずつ返済することが出来るようになったのです。

予想外だったのは返済の方法で、カードローン会社に返すのではなく司法書士事務所に毎月の返済額を振り込み、そして司法書士事務所がカードローン会社に返済をするということになっていました。複数のカードローン会社に返済するため振込手数料がかさんでしまったことが悔やまれます。

現在は借金を完済し、趣味も控えめにして健全に暮らしています。