カードローンの借金を債務整理した

学生の頃は家庭の事情でアルバイトをすることが出来ず、趣味を楽しむことがかなり制限されていました。社会人になってから一人暮らしを始めたことで給与をそのまま自分のために使うことが出来るようになり、ついつい学生時代に出来なかったことを思う存分楽しんでしまったのです。すると当然のようにお金が足りなくなってカードローンで借金をするようになり、いつの間にか200万円の負債を背負っていました。

 

到底返済できる見込みがないため悩みに悩んでいたところ、債務整理をすれば借金が軽くなると聞いて司法書士に手続きを依頼しました。債務整理にはいくつかの種類がありましたが、私は個人再生を選びました。完全に借金がなくなるわけではないものの負担はかなり小さくなり、毎月の給与から少しずつ返済することが出来るようになったのです。

 

予想外だったのは返済の方法で、カードローン会社に返すのではなく司法書士事務所に毎月の返済額を振り込み、そして司法書士事務所がカードローン会社に返済をするということになっていました。複数のカードローン会社に返済するため振込手数料がかさんでしまったことが悔やまれます。

 

現在は借金を完済し、趣味も控えめにして健全に暮らしています。

スムーズに債務整理ができ満足しています

生活費が足りなくなり、すぐに返せば大丈夫という軽い気持ちから借金をしてしまいました。思うように収入が増えずに、返済も大変だと感じるようになりました。借金を返済する為に借金をするという悪循環になり、気持ちにも余裕がなくなっていくのが自分でもわかりました。

 

債務整理は手続きが大変だと思っていたので諦めていましたが、良い弁護士の方と出会い借金苦から抜け出すことができました。手続きも思っていたよりも簡単にでき、月々の返済額が減ったのが一番嬉しいです。債務整理後は、借金の悩みから解放されて仕事にも集中できるようになり満足しています。

 

弁護士の方が親身になって相談に乗ってくれたので、一人で抱え込んでいた悩みが楽に感じられるようになりました。アドバイスもしてくれて、債務整理後の事も真剣になってくれて感謝しています。お金の怖さも実感でき、これからは計画的にやっていこうと決意できました。普通の生活ができるようになって精神的にも落ち着いています。

 

周囲に知られることなく、債務整理の手続きがスムーズにできて良かったです。もっと早くに相談していれば良かったと思うくらいです。不眠で悩んでいましたが、借金の悩みがなくなってからは夜もぐっすりと眠れるようになりました。